入れ歯・インプラント

入れ歯・インプラント

入れ歯

残念ながら、歯を失うと、かみ合わせが悪くなったり、食べ物がうまく食べられなくなり、健康にも影響を及ぼします。
久保田歯科クリニックでは、信頼のできる歯科技工士と提携していますので、ご自身に合うピッタリの入れ歯や義歯を提案いたします。 また、当院では、まずは保険治療内の入れ歯でおつくりすることを勧めています。違和感がある、見た目が気になる等の患者さんには、歯茎に当たるところがやわらかいシリコンの入れ歯などもご提案します。
保険適応治療や保険外治療などありますので、詳しくはご相談ください。

入れ歯の種類

入れ歯は、床の材質により、大きく2つにわけられます。
1つは合成樹脂(プラスチック)で作られるレジン床義歯。
もう1つはコバルトクロムや金、銀などでつくられる金属床義歯です。

レジン床(保険)

材質が弱いために、割れないように作るため、やや床が厚くなり、口の中で違和感があります。また、プラスチックは水を吸う性質があるので、汚れやすい材質で、熱も伝わりにくいです。
当院では可能な限り、薄く違和感ないように作っていますが、限界があります。

レジン床

金属床(保険外)

薄いために口の中に入れても違和感が少なく、ものを食べた時に熱がよく伝わります。

金属床

コバルトクロム床

丈夫な金属を使うことにより、保険入れ歯の約1/5の厚さで熱の伝わりもよく、快適な状態で長く使えます。

ゴールド床

腐食による変色が起こらず、精密な加工がしやすい金属です。適合もよく体に優しい金属です。金や白金を使用することにより、美しい輝きを実現しました。

チタン床

近年、時計や眼鏡などに使われている最先端金属です。非常に軽いだけでなく、アレルギー反応を起こしにくい体に優しい金属です。

マグネット義歯

磁石の吸引力で入れ歯の脱落を防ぎます。構造上、丈夫な歯根が残っていることが条件です。

その他の入れ歯・義歯(保険外)

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

審美的に良い部分入れ歯。入れ歯のひっかけが、口腔内と同じ色でできているため、装着していても目立たないのが特徴です。インプラント治療には抵抗があったり、見栄えが気になる方におすすめの入れ歯です。

シリコン義歯

義歯床の一部がシリコンできた入れ歯のことです。シリコンはやわらかい素材ですので、「入れ歯があたって痛い」ということが少なくなる可能性があります。

高い技術の歯科技工士

久保田歯科クリニックのご提案する入れ歯や義歯は、高い技術を誇るベテランの歯科技工士が製作しています。
クリニックで患者さんのお悩みや現状をしっかり伺い、クリニックとの長年続く信頼関係と的確な連携に基づいて歯科技工士が一人一人に合わせた最適な入れ歯や義歯をご提供します。
入れ歯や義歯について気になること、悩んでいることがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

歯科技工士
歯科技工士

インプラント治療

失った歯の代わりに人工歯を埋め込む治療方法です。
インプラントは人工の歯根を歯茎に埋め込むため、自然な噛みあわせや歯並びを再現することができます。
久保田歯科クリニックでは、インプラント治療は口腔外科医が担当します。ご相談ください。

インプラント治療前後

  • 入れ歯の取り外しが面倒な方
  • 自然な噛み心地を取り戻したい方
  • 入れ歯が動いたり、外れやすいなど不快に思っている方

メリット

■見た目が本来の歯と違和感を感じない
■自分の歯のように自然に噛める

デメリット

■手術が必要
■治療期間がかかる
■保険が不適応の治療のため、費用が高い
■全身や骨の状態によっては、適応できない場合がある