虫歯治療

虫歯治療

虫歯の治療や歯の痛みなどのトラブルを診断します。

患者さん一人一人、治療に対して求めていらっしゃることは異なります。 そのため、一人一人治療のゴールも当然異なるので、当院の目標である予防というものをコンセプトに患者さんのお話をよく伺い、治療のゴールを一緒に考えて治療を進めていきます。その中で、大切にしている事が三つあります。

1.痛くない治療方針


痛いというイメージが歯医者さんの強いイメージですが、現在の治療方法では麻酔により「痛くない治療」を受けていただけることができます。
また、麻酔も塗り薬の麻酔を使ったり、電動の麻酔機械を使うことで、特に強い炎症がない限り、とても楽に麻酔治療を受けることができるようになりました。

2.わかりやすい診療を行います


レントゲンのデジタル化にともない、虫歯の部分をレントゲンを拡大し、患者さんに実際の状態を見ていただきながら治療のご説明をすることができるようになりました。
また、お口の中の状態をカメラで取って実際みてもらったりもできます。
虫歯が何本あるのか?私の歯周病の程度はどの位か?
お口の中の状況がわかるような診断書も出しております。納得した上で診療を受けていただけます。

3.治療のコミュニケーションを大切にしています


治療のコミュニケーションを大切にしています。
歯医者に通院して、嫌な思いをされたことがある方は多いのではないでしょうか?
それは、患者さんが思っているゴールと、歯科医師が考えるそれとが違う状態で、ズレを認識しないまま治療を進めてしまうことに原因があることがほとんどです。
例えば、麻酔治療を受けたいと思う方もいれば、麻酔はしてほしくないと思っている方もおられます。
歯科医師が適切だと思って麻酔を打ったために、患者さんにとって嫌な経験となることがあります。そのため、当院ではそのような認識のズレを起こさないように、できる限り患者さんとコミュニケーションをはかり、その方にあった診療を目指しております。